サバのトランク

本やコンピュータやことなど *当ブログではアフィリエイト広告を利用しています*

最近はやりのミニPCを買ってみた MINISFORUM UM773 Lite ③ 温度変化とベンチマークテスト

温度計と回転計

2024年1月に、最近はやりのミニPC を買いました。

買ったのは、MINISFORUM UM773 Lite 

本当に手のひらサイズです。
サイズ:幅127mm × 奥行き128mm × 高さ47mm / 約600g


  ⬇️ ①の紹介記事

  ⬇️ ②の 2.5インチSATA SSDの追加記事に続いて

今回は負荷をかけた時の温度ファンの回転数のチェックと、追加のベンチマークテストです。
①の紹介記事と重なる部分もありますが、わかりやすいようにデータをまとめて示しています。

 

ミニPCの温度上昇の懸念

ミニPCは小さくて良いのですが、その小ささゆえ、
・内部の温度上昇に伴ってファンの音がうるさくなるかもしれない
・高温になりすぎると部品にダメージがあるかもしれない
など、やはり温度上昇については気になる点があります。

そこで、ゲーム(それほど重くはないものですが)をプレイして負荷をかけてからの温度やファンの回転数、その他のベンチマークテスト等のデータをとってみました。

PCのスペック

使用するPCは、私が所有する新旧の2台です。

・(新)今回購入したPCのスペック (ミニPC)
型番 :MINISFORUM UM773 Lite
CPU   :AMD Ryzen 7 7735HS(8コア/16スレッド、Zen3+)
メモリ:32GB(DDR5-4800)
SSD   :1TB(PCIe Gen4 SSD
OS    :Windows11 Home
GPU   :Radeon 680M Graphics(CPU内蔵、RDNA2)

・(旧)これまでのPCのスペック (ミドルタワー)
型番 :HP ENVY 750-180jp(2016年モデル)
CPU   :intel Core i7-6700K(4コア/8スレッド)
メモリ:32GB(DDR4-2133)
SSD   :256GB SSD (PCI Express, M.2接続 AHCI
OS    :Windows10 Home(64bit)
GPU   :NVIDIA GeForce GTX 960 (2GB / GDDR5)

・画面解像度:1920 x 1080  60Hz

2016年のPCと比べてもしょうがないと思われるかもしれませんが、自分用のの記録でもあるのでデータを載せて比較します。

Core i7-6700K当時最強のCPUで(Core i9 はまだ存在していない)、現在でもまだまだ使えるスペックです。(Windows11 にはギリギリでアウトですが)

また、NVIDIA GeForce GTX 960 は当時3万円位のグラフィックボードで、ミドルクラスのスペックでした。
今でも軽めのゲームなら問題なく動きます。いまだに中古品が5,000円~12,000円くらいで売られています。

 ⬇️上が(新)ミニPC、下が(旧)HPミドルタワーPC(体積比は33倍 😁)

pc大きさ比較

温度変化

前回の記事でせっかく取り付けた 2.5インチSATA SSD ですが、いったん取り外します
その後 PCを起動し、ブラウザ等をしばらく使用した後に温度測定。
その後ゲーム(Assetto Corsaというレーシングゲーム)をプレイし、終了直後に温度測定。その5分後にも温度を測定しています。

その後、電源を切り本体のふたを開けて 2.5インチSATA SSD を再び取り付け、同じようなパターンで温度測定を行いました。
(開始時の室温 21℃ 温度測定には CPUID HWMonitor を使用)

  マザーボード GPU
温度(℃) Fan(RPM) 温度(℃)
PC起動20分後 46 1819 43
ゲーム30分play直後 66 2626 57
その5分後 45 1726 43
2.5インチ SATA SSD取り付け
PC起動5分後 44 1721 41
ゲーム20分play直後 63 2463 55
その5分後 44 1726 43
 
起動後のMaxの値 78 2872 72

ゲーム時間等、完全に同じ条件を再現できているわけではありませんが、データを見る限り問題無いかなと思います。
2.5インチSATA SSDを取り付けた後の方が、1~3℃ ほど温度は下がっていますが、誤差の範囲と言えるでしょう。

ファンの回転数なども再現性があり、2.5インチSATA SSDを取り付けても温度への悪影響はなかったと考えられます。

CPUID

CPUベンチマーク

・CPUに関するベンチマークテストを行いました。

●Geekbench

CPU Geekbench 6.2.2  CPU
Single-Core Score Multi-Core Score
(新)Ryzen 7 7735HS 2134 10692
(旧)Core i7-6700K 1414 4979

●PassMark(M)はマルチコア、 (S)はシングルコア。参照するページを変更したため、数値がわずかに変わりました (2024/2/4) 参照先のページは下記のリンク)

CPU PassMark(M) PassMark(S)
(新)Ryzen 7 7735HS 24261 3384
(旧)Core i7-6700K 8936 2508

●(参考)現在ミニPCでよく使われているCPUの値

CPU PassMark(M) PassMark(S)
Ryzen 9 7940HS 30489 3689
Ryzen 9 6900HX 24881 3439
Core i5-12450H 17414 3426
Intel N100 5638 1967

www.cpubenchmark.net

GPUベンチマーク

●Geekbench

GPU Geekbench 6.2.2  GPU
OpenCL Score Vulkan Score
(新)Radeon  680M 28687 31786
(旧)GeForce GTX960 19234 20279

●PassMark と 3DMark(PassMark の値を参照するページを変更したため、数値がわずかに変わりました (2024/2/4) 参照先のページは下記のリンク

GPU PassMark 3DMark
(新)Radeon 680M 6167 2758
(旧)GeForce GTX960 6055 2293

www.videocardbenchmark.net

ゲームのベンチマーク

レーシングゲームの Assetto Corsa  ver 1.16.4(x64)  (Steam版)

  (ものすごく重いゲームではないと思います)

GPU Assetto Corsa
ver 1.16.4
POINTS FPS: AVG
(新)Radeon  680M 12010 81
(旧)GeForce GTX960 16043 109

(このゲームの結果のみ、(旧)GeForce GTX960 の方が良いデータです)

Assetto Corsa

・Car Mechanic Simulator 2021  (Steam版)

知らない方が圧倒的に多いと思いますが、車の修理をするゲームです 😄。
数値上は意外と重くて、Radeon 680M でも Graphicsを "Low" にして、やっと 60FPS近くになります。
しかし、リアルタイムでドラゴンと戦うようなゲームではないので、30FPSでもほとんど違和感無く遊べます。カーマニアにはお勧めかも・・・ 時間は溶けますが 😅

GPU Car MechanicSimulator 2021
 (FPS AVG)
High Midium Low
(新)Radeon  680M 42 53 59
(旧)GeForce GTX960 35 46 49

結果のまとめ

ミニPC MINISFORUM UM773 Lite の性能について、結果をまとめます。

・ゲーム等を行って負荷をかけても、内部の温度に関しては問題無いと考えられる。

・ファンも高回転になるかと予想したが、最大で 2800RPM 程度までしか上昇せず、私の耳にはゲーム中でも全くファンの音は聞こえない
(10日ほど使用したが、一度もファンの音が気になったことは無く、起動時に耳を澄ますと一瞬だけ聞こえる。旧PCより明らかに静か)

・内部に 2.5インチSATA SSD を増設しても、温度及びファンの回転数の上昇は全く見られなかった

GPUについて、AMD Ryzen 7 7735HS CPU内臓の Radeon 680M は、8年前のものとはいえ専用のグラボであった NVIDIA GeForce GTX 960 の性能を、ほとんどの場合上回っている
例外は、レーシングゲームAssetto Corsa だが、これは GeForce のドライバが最適化されているからと思われる(ゲームの中に GeForce の看板も表示される)

考察

新しいミニPCCPU性能は、事前に調べた情報どおり旧PCのCPU性能をぶっちぎりました
メモリも新世代のDDR5なので性能は文句なしです。

ファンの音は「とても静か」で、CPU内蔵GPUのグラフィック性能については「十分速い」という結果でした。この2点については良い意味で期待を裏切られる結果となりました。😀

GPUについては、8年前のグラフィックボードと比べてどうすると思われるかもしれませんが、CPU単体外付けのグラフィックボードを上回る性能を持ったという事の意味は大きいと思います。

高性能のグラボを積んで重いゲームをプレイしたい方は別として、今後はライトなゲーム程度をプレイしたいと思う方は、もはや高価なグラボやゲームPCを買う必要は無くなってきたという事ですね

温度上昇やファンの音についてもなんら問題が無かったので、オフィスソフトやブラウザ、ライトなゲーム程度という一般的な使い方であれば、もはやミニPCで十分なのかなと思えました。

(ただし、ミニPCも千差万別であり、あまりスペックの低いものでは満足できないと思います)

温度については、今回は真冬のチェックでしたが、暑くなってきたらどうなるかは、また調べてみたいですね。