サバのトランク

本やコンピュータやことなど *当ブログではアフィリエイト広告を利用しています*

Edge をめぐる冒険

夕日の崖を見つめる男女

"夕日の当たる河原から、edgeの効いた崖を見上げる一人の男性と一人の女性。疲れた感じで服も傷んでいる"

★★ Windows10 (11) のブラウザ Edge に関する記事です ★★

Edge のサイドバーから "Image Creator" のアイコンが消えた件ですが(12月4日の記事)、その日のうちに一応は解決しました。

savatrunk.com

しかし、その後も様々な謎と冒険が・・・

Microsoft のサポート

いま、一番使っているアイコンが消えるという状況だったので、めったにしないのですが、マイクロソフトのサポートを覗いてみることにしました。

まずは、マイクロソフトのサポートページへ。

Microsoft サポート

マイクロソフトアカウントのサインインを求められます。
そこから、画面のずっと下の方へスクロールして、
「サポートへのお問い合わせ」> お問い合わせ
Windows > 家庭向けサポートを受ける > 80文字以内で状況を説明
> トラブル対策が例示されるが「役に立たない」と答える
> サポートへのお問い合わせ > より詳しく問題について聞かれる
Webブラウザーでサポート担当者とチャットを行う

と、ここまで来て、本当に担当者が現れました

Kate とチャット

どうせ、ロボットかAIのチャットだろ! と思っていたら本物の人間でした。失礼しました。
担当は Kate Bush(仮名 本当はちがう名前でした)さん、ちゃんと名前を名乗ってくれました。(本名かどうか知りませんが)

で、そこから彼女?とチャット開始。
翻訳しながらのチャットだと言っていたけど日本語は上手。日本語のできる担当者なのか? AIの翻訳がすごいのか?

で、Kate から、おかしくなる前に何か設定変更したか?とか少し質問があった後で、
「リモート」で状況をチェックしたいのだけど良いか?と聞かれました。
一瞬迷ったけど面白そうなので了解。

「そちらの画面が見えました。こちらから操作します」
と Kateから言われて、マウスカーソルが勝手に動き始めます。
(かなり不思議な感じですね。「不愉快な方はXを押してリモートを終了してください」と表示されています)

その後、Kateが何をしたかというと、
新しく TESTというアカウントを作成してから、Edgeを修復。その後、 
> まっさらな TESTアカントWindowsにサインイン

けれども、状況は変わらず

Edgeの log だか何だかを削除(早くてよくわかりませんでした。スクショ取れば良かったと後で思ったけど、そんなことしたら Kateに怒られたかも )

次に、Kateはコマンドプロンプトを開いて、ネットワークを初期化。
使ったコマンドは、
netsh winsock reset 
netsh int ip reset 
netsh advfirewall reset 
その後、Windowsを再起動して、再び Edgeを修復

だいたいこんな感じでした。

最後には、Edgeのサイドバーに Image Creatorのアイコンが現れ、めでたしめでたし
Thank you Kate!
1時間ちょっと の間、Kateとチャットしていましたが、最後に何が原因だったのか聞いてみたら、ネットワークの問題だと言っていました。

Edge をめぐる冒険

ところが、その後少し使ってから PCを再起動してみると Image Creatorのアイコンが再び消えている!! 😥

 Kateがやった事を思い出しながら、コマンドでネットワークを初期化し、Edgeの修復、PCの再起動、を数回行うがダメ

うぅん・・・、もう何かの常駐ソフトとぶつかっている事くらいしか考えられない。(結構いろいろ入れているので)
ウィルスバスター, Hard Disk Sentinel,  LAN DISK CONNECT, Screenpresso,  iCloud,  常駐秀丸エディタ等をスタートアップからオフにして、再起動。

それでもダメ!

ぅぅん、😢

ここでもしやと思い、リモートで作られた、まっさらなTESTアカウントWindowsにサインインしてみると・・・
なんと! Edgeのサイドバーには Image Creatorのアイコンは 存在している!!
あれだけ、常駐ソフトを切ったのに・・・ TESTアカウントとの違いは何だ?

Gadget の問題

ふっと、デスクトップの右下を見ると、時計カレンダーCPUメーターが。
デスクトップガジェットか・・・ 外すのを忘れていた "8GadgetPack" という常駐ソフト。
これをアンインストールしてPCを再起動し、Edgeを起動してみたところ、
おぉ! 再び、Image Creatorのアイコンがあらわれました! 😄

 

えぇ、えぇ、セキュリティーに問題があるからって廃止されたガジェットを無理矢理使っていた私が悪いんですけどね・・・、そりゃあ分かっちゃあいたんですがね・・・

でもね、でも、Windows7 のころのサイドバーのガジェットが、と~っても好きだったんですよ。デスクトップの右下にはアナログ時計があって欲しいし、あとCPUメーターカレンダー、これは私的には機能的にもデザイン的にも絶対必須のものでした。

だから、Windows8 で廃止されて(8は使わなかったけど)Windows10になってもこのソフトで無理矢理使っていたんですよ。

 

それにしても・・・

2日前までは、何の問題もなく動いていたのに、突然アイコンが消えた。

マイクロソフトのリモート操作でネットワークを初期化してもらい、Edgeを修復したら直ったはずなのに、また1時間後にはアイコンが消える。
そして、2日前どころかずっ~と前から入っていた、ガジェットの常駐ソフトを切ったら問題なくアイコンが表示されるようになった。

なんで???

まあ、恐らく一番問題だったのはガジェットの常駐ソフトなんでしょうが、謎は残りますよね。

Edge をめぐる冒険ふたたび

ここまでの記事の内容は12月4日に書いていたんですが、12月5日に記事を完成させるためにスクリーンショットを撮っておこうと思い、ちょっと不安になりながらも "8GadgetPack" を再びインストールしてみました。

当然ダメだろうと思いつつ、Edgeを起動してみるとサイドバーには Image Creatorのアイコンがいらっしゃいます・・・😲
ちゃんと、起動もして、絵も描いてくれました・・・。

 

サイドの常駐ソフト

もうよくわからないですね。"8GadgetPack" が原因じゃなかったの?
仕事でもないし、再現性があるかどうかも分からない事に時間をかけてもしょうがないので、これ以上は追求しません。謎は謎のままですが。


まあ、あまり古いソフトは使うなって事ですかね。特に常駐ものは要注意です。最新のEdgeがそんなソフトの事を気にしているはずがありませんから。

後からインストールした常駐ソフトはきちんと把握しておく必要がありますね。

終わらない冒険

さすがに "8GadgetPack" はもう使いませんが、私としてはやはりデスクトップの右下に時計とカレンダーとCPUメーターは欲しい!

というわけで、懲りずに "KaruMeter" というソフトを入れてしまいました。

 

サイドの常駐ソフト

Windows11にも対応していて、最終アップデートが 2023年なので大丈夫だろうという期待をしています。
今のところ問題なく Edgeも Image Creatorも動いています。

さあ、これからどうなる? 冒険は続きます

 

*この記事のイラストは、Image Creator の AI によって作成されました