サバのトランク

本やコンピュータやことなど *当ブログではアフィリエイト広告を利用しています*

このキーボードが欲しい ! ?

キーボードの画像

Bing(https://www.bing.com/

2023年10月25日に PFUから新作のキーボード「HHKB Studio」が発売されましたね。
こだわりキーボード派の方はもう何本か記事を読まれたかもしれません。

k-tai.watch.impress.co.jp

HHKB(ハッピーハッキングキーボード)シリーズは、テンキーもファンクションキーも無いコンパクトキーボードで、見たことがない方は初めてみるとびっくりするかも。

新しく発売された、HHKB Studioは、以前IBMのノートパソコンにあったようなトラックポイント(キーボードのGとHとBの間に短い赤いスティックがあってマウスと同じような働きをします。今も後継機であるレノボThinkPadにはついているようです)を備えています。

note.com

またキーボードの縁を触ることで、上下左右の矢印キーやスクロール等の機能をを持つということで、ほとんどホームポジションから手を離さずに作業が可能になるという優れものです。今はまだPFU直販のみのようですね。


私はテンキーのあるフルキーボードが嫌いで(右側にテンキーがあり、そのまた右側でマウスを扱わなくてはならないのがあまりにも不自然。右手の負担が大きすぎます)、テンキーの無いコンパクトなキーボードをずっと使ってきました。

ここ10年くらいはPFU Happy Hacking Keyboard Lite2」を愛用。

Happy Hacking Keyboard | HHKB Lite2 | PFU

静電容量無接点方式の正統派のものは値段がかなり高かったので、だいぶ打鍵感は劣ると言われつつ、1万円もしなかったのでこの Lite2 を使っていました。(数年前に生産中止になっています)

でも、この Happy Hacking Keyboard はキー配列はかなり独特です。ファンクションキーが無いのはかまわないのですが、DELキーが単独で押せない等の癖はかなりありました。


2023年の初め頃、「タイピングの女王」と呼ばれている方が使っていたという記事を目にして、まあまあ値段も安くて良さそうだったので、久しぶりに「ビット・トレード・ワン (テンキーレスモデル) ブラック BFKB92UP2」というキーボードに変えてみました。

soredoko.jp

このキーボード、かなりしっかりしていて良い感じで使っていましたが、打鍵音は決して小さくはありません。
ブログを始めて以来、キーボードを打っている時間がかなり長くなってくると、どうしてもその音が気になってきました。

そこで今日、相当昔に買って以来使っていなかった Microsoft ALL-IN-ONE MEDIA KEYBOARD」というものを引っ張り出してきました。

(まだ売っているとは思いませんでした)

Happy Hacking Keyboard Lite2」や「BFKB92UP2」とは較べるべくもなく、形もタッチもレベルは全然違います。
今、「Microsoft ALL-IN-ONE MEDIA KEYBOARD」を使って入力していますが、打鍵音はものすごく静かです。また、右側の普通テンキーがある部分に、ノートパソコンに付いているようなタッチパッドがあるのはかなり便利で良いのですが、たまに右手が触れてしまい、カーソルが変なところに飛んでしまうのが欠点ですね。
単なる平べったいキーボードではあるんですが、意外と打鍵感は悪くないです。ただ、長時間使うと疲れそうな気はします。

明日には「Happy Hacking Keyboard Lite2」か「BFKB92UP2」に戻しているかもしれません・・・  笑。

 

この記事で話題にしている、新発売の「HHKB Studio」は打鍵感も良く、まあまあ静かだと言われていますが、どうでしょう。

でも、まあ、きっと買わないです。何しろ、価格が4万4000円(税込み)ですから・・・  (>_<)
絶対に気に入るとわかっていたら買うという選択肢もあるかもしれませんが(それでもきっと買わないと思うけど)、買って後悔したら泣きですよね~。

皆さん、キーボードこだわってますか?

*この記事のイラストは、Bing Image Creator の AI によって作成されました